「ロマネコンティ」

みんなコンタクトレンズ通販はどこで買っているの??>>>ワンデーアクエアエボリューション の格安サイトを見る
眼科医が教えるコンタクトレンズ選びと通販!

 

 

世界の赤ワインの中でも超高級ワインとして名実ともに人気の銘柄です。フランスのブルゴーニュ地方にあるブドウ園で収穫されたブドウのみを使った赤ワイン。

 

ブドウ畑の名前がそのままワインの銘柄として広まったロマネコンティ。「ロマネ」とは古代ローマ帝国時代にこの畑を耕したローマ人から、「コンティ」は18世紀にこのブドウ園を手に入れたコンティ公爵が由来です。

 

ロマネコンティのブドウ園はたった1.8ヘクタールしかありません。生産量が極めて少ないため、醸造できるワインもごくわずかです。年間平均本数は7,000本程度のため、希少価値が高く非常に高価な値段がつけられています。

 

ロマネコンティのなかには1億円超の価格がつけれたものもありました。1945年のロマネコンティで希少性の高いなかでも「醸造年の環境が抜群だったこと」「600本程度しか生産されなかったこと」「3リットル瓶は4本または2本しか製造されなかったこと」などの条件が重なり、ありえない超高級ワインになっています。

 

ロマネコンティは土のような香りとバランスの取れて落ち着いた味が特徴のワインです。一般市民には手が出せないような飛び抜けた値段のワインとして、これからも世間を賑わせていくことでしょう。

「サントリー山崎」

ぺトリュスって高いお酒??>>> シャトー・ペトリュス の価格を見る
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

 

 

サントリー山崎は大阪府三島郡島本町山崎にあるサントリー山崎工場で蒸留されている日本を代表するジャパニーズウイスキーの一つです。日本で醸造がはじまって80年以上の歴史があります。世界的に知名度が高く、2003年には山崎12年が世界最高峰の酒類国際コンテスト「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2003(ISC2003)」ウイスキー部門で日本のウイスキーとして初めて金賞の栄誉に輝きました。

日本初のモルトウイスキー蒸溜所であるサントリー山崎工場は1923年の開設以来、山崎のおいしい水と恵まれた自然のなか、一流のウイスキー原酒を求めて研鑽を重ねてきました。

 サントリー山崎はミズナラ樽とワイン樽で貯蔵されたモルトから構成される個性豊かなシングルモルトウイスキーです。やわらかでフルーティーな香りと甘くなめらかな味わいがストレートやロック、水割り、最近流行のハイボールにまで多彩な飲み方で愛飲されています。

サントリー山崎の主なラインナップは「山崎43度」「山崎12年」「山崎18年」「山崎25年」です。サントリーシングルモルトウイスキーのなかでは「白州」と並んで根強い人気があり、居酒屋やレストランで気軽に楽しむことができます。

【DRC リシュブールについて】

プライベートジムはどこを選べば良いの??>>> 神奈川県と横浜でダイエットジムを探せるページ
博士が教えるサプリメント選びと通販!

 

 

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(以下、DRC)が手掛ける、DRC リシュブールはブルゴーニュ・ワインの最高峰のワインと言われています。DRC リシュブールは、
ロマネ・コンティの畑の北側に隣接した、
3.51haという広さの畑で、
年間で、約1000ケースのワインが製造されています。

3.51haというのは、DRCにおいては、ロマネ・コンティの畑に次いで小さく、そのため、DRC リシュブールは、 年間1000ケースしか作られないという事で、DRCが作るワインの中でも、非常に稀少性が高くなっています。

DRC リシュブールが作り出される畑は、土壌も豊かで、良いブドウが作りやすい環境にあるため、華やかで魅惑的な、それでいて、果実味に富んだ、豊潤な味わいのワインが生み出されている、というわけです。

しかも、先に述べた通り、DRC リシュブールは、年間を通して、作られる数が非常に少なく、稀少価値が高いので、値段も、その分だけ高価になっています。

1750mlで、数十万円単位、中には、DRC リシュブールの1959年物のように、190万円と、
100万円近くという値段が付いている物も有ります。

ちなみに、DRC リシュブールの製品情報を挙げておくと、種類は赤ワインで、品種はピノ・ノワール100%、生産地はフランス/ブルゴーニュ地方のヴォーヌ・ロマネ村、という事になりますが、冒頭で述べた通り、DRC リシュブールは、 ブルゴーニュ・ワインの最高峰とも言うべき存在のワインです。

また、DRC リシュブールの豊潤な味わいについては既にご紹介しましたが、DRC リシュブールは、 香りも素晴らしく、例えば、バラや野バラ、ゼラニウム、スミレなどの妖艶な花の香りや、オリエンタルなスパイス、腐葉土、スモーキーなニュアンスなども感じられ、その香りは、「百の花の香りを集めてきたような」とも形容されるほどです。

また、酸やタンニンも滑らかで、 まるで、ビロードのような舌触りが残るという、華やかさと共に、上品さも兼ね備えています。

このように、世界でも指折りの高級ワインであるDRC リシュブールは、
ワイン好きなら、是非とも、一度は味わってみたいワインであると言えるでしょう。

【ラターシュについて】

医師転職情報サイト>>> 医師の求人が一覧できる
医師が教える転職と医療求人募集の探し方!

 

ラターシュとは、フランスのブルゴーニュ地方産の、ワインの銘酒です。

元々は、ラターシュは、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)社が単独所有する、フランスのブルゴーニュ地方、ヴォーヌ・ロマネ村に在る、

6.1ヘクタールのグラン・クリュ(特級格付け)の畑の事を指した名前であり、

その畑で作られるブドウから醸造されたワインの事を、ラターシュと称するようになりました。

ラターシュは、銘酒であると述べましたが、銘酒の代名詞とも言うべき、
あのロマネコンティをも凌ぐような、安定した品質を誇っています。

つまり、年によっての、当たり外れの差が少ないので、そういった意味では、

安心して楽しめるワインであると、言えるでしょう。

そして、ラターシュこそが、最高のワインであるという事を主張する、熱心な信奉者も、非常に沢山居る、という事でも、知られています。

私、個人の感想としては、ロマネコンティとか、ラターシュなどの銘酒は、

まず、名前の響きからして、とてもカッコいいと思います。

いかにも、高級感が有り、上品な味わいが有るような、そんな雰囲気を持った名前のワインだなあと、私は思います。

そして、勿論、名前だけではなく、先程も述べた通り、ラターシュは、どの年代の物も、
大変、美味しいので、
それが、人気の源泉になっているのは、間違いないでしょう。

ただ、ロマネコンティがそうであるように、ラターシュも、お値段が高めなので、
そんなに、気軽に手を出せるような種類のワインではないかもしれませんが…。

それでも、熱烈なファンが沢山居るのが、ラターシュの凄い所、なのです。

【ボシュロム メダリストワンデープラス乱視用について】

コンタクトレンズ愛用者のサイト>>> http://007contactlens.com/
眼科医が教えるコンタクトレンズ選びと通販!

 

ボシュロム メダリストワンデープラス乱視用は、コンタクトレンズ・メーカーのボシュロムにより製造・販売されている、1日使い捨てタイプの、乱視用のソフトコンタクトレンズです。

ボシュロム メダリストワンデープラス乱視用は、乱視用のソフトコンタクトレンズを代表する製品であると言っても良いかと思われますが、ボシュロム メダリストワンデープラス乱視用という製品の特徴を、いくつか、ご紹介したいと思います。

まず、 目の動きによるレンズのズレを防ぎ、視界をいつもクリアにするという工夫が為されているのですが、いつも正しい位置にレンズの軸が安定しているため、乱視からくる「にじみ」や、まばたきによる「ゆがみ」を無くし、とても使い心地が良くなっています。

また、ボシュロム メダリストワンデープラス乱視用は、非球面レンズデザインを採用しているため、にじみ・ぼやけの原因の一つとされている「球面収差」を軽減しているため、より細部まで、シャープで、なおかつ、コントラストもいっそう鮮やかなHD品質の視界を提供しています。

 

そして、「レンズ素材」「レンズデザイン」「レンズ保存液」という、3つのレンズ構成要素により、瞬きするたびに、涙がレンズ全体に行き渡るので、涙のうるおいが夜まで続くという特徴も備えています(勿論、個人差は有るかと思われますが)。これは、所謂「コンフォート モイスト テクノロジー」という技術なのですが、この技術を用いる事により、着け心地が非常に良く、しかも、夜までうるおいが続くという事を実現しているのです。

 

また、汚れがつきにくい「非イオン性素材」を使用しているのですが、

「非イオン性素材」は、汚れを引き寄せにくく、乾燥しにくいので、

雑菌の繁殖も抑え、一日中、レンズを清潔に保つ事が可能となっています。

 

このように、様々な工夫を凝らし、作られているボシュロム メダリストワンデープラス乱視用ですが、

乱視にお悩みの方は、是非とも、一度お試し頂きたいと思います。

憧れ抱く、1983年、当たり年のシャト ー・マルゴー

ワイン好きな人の為のサイト>>>シャト ー・マルゴー の当たり年・価格の一覧へ
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

 

 もし今、1983年に作られた食べ物が家にあったとしたら、それを食べたいと思う人はいないでしょう。
しかしワインの場合はその限りではありません。なにせその年はシャトー・マルゴーにとって、大いなる当たり年なのです。
 ただ残念ながら、これは聞いた話にすぎません。私のようなただワインが好きなだけの一般人には、今から何十年も前のヴィンテージなんて、そうそうお目見えする機会がないのですもの。本を読んだり噂を聞いては、1983年、偉大なる当たり年のシャトー・マルゴーに想いを馳せています。
 美しく輝くだろう液体は、どのような色合いをしているのでしょうか。香りは? 風味は? いくら文字の羅列を目にし、華麗な単語を聞き重ねたところで、実際の ものがわかるはずもありません。
でもそうわかりきっていても、私は、その1983年、当たり年のシャトー・マルゴーについて夢想することをやめられないのです。これはもはや、とりつかれていると言っても過言ではないでしょう。その年が私にとって縁ある年で、偶然耳にしたワインに憧れを抱いているだけなのですけれどね。きっかけはどうあれ、人の思い込みはすごいものです。
 ヴィンテージは次第に人の口に消え、なくなっていきます。1983年、当たり年と評価されるシャトー・マルゴーもきっといつかは、この世から消え失せるのです。寂しいしもったいないけれど、飲み物なのだから、それが当然なのですよね。ただ、それまでに出会うことが叶うかどうか……私にはわかりません。でもご縁があることを望みます。

【集団フィットネスについて】

千葉県ダイエットジムを探せるページ>>> 千葉県と市 ライザップとパーソナルトレーニングジム37社のダイエット比較集、
博士が教えるサプリメント選びと通販!、

スポーツジムや、フィットネスクラブに行くと、個人で、器具を使ってトレーニングを行うだけではなく、 ある一定時間、インストラクターに指導されながら、
集団でエクササイズを行う、というトレーニングも有ったりする場合が有ります。

仮に、それを集団フィットネスと称するとすると、 その集団フィットネスは、個人で行うトレーニングとは一味違う良さが有るようです。
私も、集団フィットネスに参加した事は有るのですが、
例えば、30分や1時間というように時間を区切り、 その時間内に、
インストラクターの掛け声に合わせ、音楽に合わせ、集団で身体を動かしたり、
ダンスをしたりするわけです。

所謂、エアロビクスなども、集団フィットネスの一種とも言えそうですが、
ともかく、ある一定時間に 、インストラクターの号令一下、
皆で運動をするというのは、やってみると、なかなか楽しいものです。

まず、集団フィットネスならではの盛り上がりや一体感も有りますし、
トレーニングを終えた後は、何とも言えない達成感が有ります。

また、指導のノウハウを持ったインストラクターが考えたメニューをこなす事により、効率良く、トレーニングを行う事が出来るというメリットも有ります。

集団フィットネスというと、少し前に流行った、ビリーズ・ブートキャンプも、
その一種と言えるかと思われますが、 あれもまた、ある意味では、
強制的にトレーニングを行わせるような内容であり、
間違い無く、良い運動にはなるでしょう。

ともかく、どうにも自分一人でトレーニングを行うのは苦手で、
どのようにトレーニングすれば良いかわからない、という方にとっては、
是非とも、集団フィットネスを試してみる事をお勧め致します。